BLの箱

ボーイズラブ小説・漫画などの感想をぽつぽつ書き残してます。ネタバレ注意。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DEADLOCK (キャラ文庫)DEADLOCK (キャラ文庫)
(2006/09/27)
英田 サキ

商品詳細を見る

外国を舞台にした作品ってあまり好きではないのですが
気づけばそんなこと全く気にならないほど引き込まれていました。
こんなことならもっと早く読んで見ればよかった…

同僚殺しの冤罪で、刑務所に収監された麻薬捜査官のユウト。監獄から出る手段はただひとつ、潜伏中のテロリストの正体を暴くこと!!密命を帯びたユウトだが、端整な容貌と長身の持ち主でギャングも一目置く同房のディックは、クールな態度を崩さない。しかも「おまえは自分の容姿を自覚しろ」と突然キスされて…!?囚人たちの欲望が渦巻くデッドエンドLOVE!!


ユウトは刑務所に収監される前、FBIとある取引をしていた。
それはこれから収監される刑務所に潜むテロリストを捜し出すこと。
そうすれば即釈放が約束されていた。
それだけが今のユウトの生きる希望だった。

殺人、リンチ、レイプや人種間の争い。
外の世界でならば罪に問われる行為さえ、自らが信じる正義のために。
法律も人権も存在しない刑務所という外部から閉ざされた檻の中で
無罪のはずの自分が、刑務所の空気に染まってしまうことへの恐れ。
負の感情に苛まれ、自らを見失いそうになりながらも
必死に耐え、乗り越えようとするユウト。

この作品、評価が大きく分かれてるみたいだけど
ちぃはかなりお気に入りです。
BL要素抜きでも十分に成り立つ面白さでした。
もちろんBL要素(エロ要素?)はあるけど、比較的少なめだし
そこを求める人にとっては物足りないのかもしれませんが…
それでも最後の最後、もう二度と会えないかもしれないという中で
お互いに求め合うシーンはすごく感動的でした。

もし二人が再会できたなら、今度は綺麗なベットの上で…


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://blbox.blog14.fc2.com/tb.php/97-f2207461

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。