BLの箱

ボーイズラブ小説・漫画などの感想をぽつぽつ書き残してます。ネタバレ注意。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
龍の右腕、Dr.の哀憐 (講談社X文庫きD- 14―ホワイトハート)龍の右腕、Dr.の哀憐 (講談社X文庫きD- 14―ホワイトハート)
(2008/10/01)
樹生 かなめ

商品詳細を見る

エロ要素が足りないヽ(`Д´)ノ ムキィィー!!
なんだか、がっつりエロいのが読みたくなってきた(汗
でも今回はこのシリーズにしては頑張った方な気がする…

――眞鍋組の男は組長に従って男と結婚するべきだ!?明和病院に勤める美貌の内科医・氷川諒一の恋人は、幼い頃から知っている寡黙で愛しい一面と、暴力団眞鍋組組長の顔を持つ橘高清和だ。藤堂組との抗争が一段落ついた眞鍋組の一行は、ホストクラブ『ジュリアス』を訪ねる。そこで男姐がいる眞鍋組組員の知られざる苦悩が明らかになる。一方で、清和の右腕・リキの過去を知る男が現れた!?


抗争は一段落したはずなのに、氷川のガードは相変らずで。
次から次へと受診に訪れる眞鍋組の組員たち。
氷川の行動を省みれば当然の結果のように思えてしまう(笑

今回はリキに想いを寄せる警察キャリアの二階堂正道が登場。
龍の純情、Dr.の情熱で明らかになったリキの過去ですが
今回はもう少し掘り下げた感じです。
そしてリキの兄晴信も再び氷川の前に現れます。
前回はリキの性格を考慮し大人しく引き下がった晴信ですが
リキのことを諦めたてはいなかったようです。
結婚の話が出ている晴信ですが、リキの居場所を残しておくため
必死に結婚を拒みます。
でもいくら結婚が嫌だからって、大学構内でイ○ポ、○ンポ叫ぶな!
と言いたい(´ェ`*)ハァ

大学卒業直前にリキに自らの想いを告げた正道。
その直後に姿を消してしまったリキに、原因が自分ではと悔やみ
そして失踪の真実を知ってからもなお、何の相談もなく
また、何も告げらなかったことにショックを受けます。
しかしリキは正道の今の立場を考え、冷たく突き放します。
正道はリキとだけでなく、初代松本力也とも親友だったようです。
清和やリキの口から初代松本力也と正道、そしてリキの関係が
次々と明らかになっていきます。

諦めなければならないとわかっていても諦めきれない。
正道の葛藤は計り知れないほど大きなものでした。
思い余って氷川を拉致(?)氷川も正道の想いがわかるだけに
大人しくついて行きます。
駆けつけたリキに銃口を向ける正道。

「君に生きていられると苦しい。
 私のものになってくれないのならば、せめて死んでほしい」


手の届くところに存在するから、欲が出てしまう。
いっそ手の届かないところへ行ってくれたなら
この想いも諦めることができるはず。

隣の部屋では、リキが銃口を向けられているにもかかわらず
初めて入ったラブホテルに興味津々の氷川。
イボとつぶの違いが気になるようです(なんの?

結局リキは無事に解放され、そのリキをなにやら祐が必死に説得。
正道を抱いてあげてくださいと。
祐の頭の中では出世間違いなしの警察エリートを利用した
シナリオが出来上がっているのでしょうね…


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://blbox.blog14.fc2.com/tb.php/88-f0a093be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。