FC2ブログ

BLの箱

ボーイズラブ小説・漫画などの感想をぽつぽつ書き残してます。ネタバレ注意。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
龍の求愛、Dr.の奇襲 (講談社X文庫―ホワイトハート)龍の求愛、Dr.の奇襲 (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2008/08/01)
樹生 かなめ

商品詳細を見る

薄々気になってはいたのですが
奈良さんのイラストが変化してきている…
どちらも好きなので、別にいいんですけどね。

「清和くん、僕に顔を見せて。キスさせてよ」明和病院に勤める美貌の医師、氷川諒一の恋人は、背中に昇り龍を背負った、暴力団・眞鍋組の2代目、橘高清和だ。かつてよりの清和の敵、藤堂組との争いが激しくなる中、眞鍋組もかつてない危険に晒されていた。そんなとき、藤堂の過去を知る、桐嶋元紀が氷川にある決意をさせる。闘うのは好きじゃない、でも僕の清和くんのためなら……!!愛するひとのため、氷川の闘いが始まった!?


藤堂のそして長江組の唯一の弱点となる桐嶋を利用して
藤堂を倒す計画を立てる祐。
敵を欺くにはまず味方からとはよく言いますが…
もうビックリしましたよ、リキが死ぬなんて。
主要キャラをこんなにあっさり殺していいものなのかと(汗
しかし完璧と思われた祐の計画の、唯一にして最大の誤算は
氷川自らが藤堂組に殴り込んでしまったこと。
しかもお手製の爆弾まで持って…
この前代未聞の行動によって、氷川は眞鍋組内の
最要注意人物に認定されてしまったようです。
氷川は部屋に閉じ込められ(もちろん見張り付き)
二度と外に出さないとまで言われてしまいます。
その理由は氷川の無謀な行動だけではないようで
前回氷川に告白してきた友人滝沢の存在もあるようです。
このままでは滝沢を始末しかねない勢いの清和に
なんとか頼み、というか脅しました、はい。
「滝沢に何かしたら、別れてやるっ」とかじゃないんですよ。
「二度とえっちしない」って脅したんです。
そんな脅しに屈したのか(?)3日間の猶予をもらいました。
眞鍋の男達には、滝沢を諦めさせるのは無理だと
口を揃えて言われますが、氷川には考えがあるようです。
そして滝沢の職場に自ら乗り込む氷川。
滝沢の反応は氷川の予想通りのものでした。
一般的に生きる滝沢にとって、自らの社会的地位を捨ててまで
同性愛を貫く勇気はないのです。
世間体を気にして、周囲には告げず、隠し、欺く。
それが氷川のためだと言いながら、実際は自らの保身のために。
しかし清和は違います。
誰になんと言われても、隠すことなく
不器用なくらいまっすぐ氷川に愛情を注いでくれます。

「今、僕はとても幸せなんだ。その幸せを手放すつもりはない。
 彼のような男は二度と現れないから」


最後のイラストがとても素敵でした。
大通りの真ん中で氷川にキスをする清和。
それを温かく見守る、祐、リキ、ショウ、サメ。
なんかいいですよね。
病んだ心が(病んでたのか?)癒されます。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://blbox.blog14.fc2.com/tb.php/86-91993481

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。