FC2ブログ

BLの箱

ボーイズラブ小説・漫画などの感想をぽつぽつ書き残してます。ネタバレ注意。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
もう二度と離さない (講談社X文庫 ホワイトハート)もう二度と離さない (講談社X文庫 ホワイトハート)
(2006/08/02)
樹生 かなめ

商品詳細を見る

樹生さんってこんなシリアスな作品も書かれるのですね。
不条理な男を読んだあとだけに、キャップがあり過ぎる(汗
でも、予想外な展開の連続ですごく楽しめました。
読み終えて初めてタイトルに込められている想いに納得できる
そんな作品でした。

日本画の大家を父に持ち、美貌と才能に溢れる若き洋画家・佐伯渓舟は、助手であり恋人でもある相良司とともに暮らしている。小さなトラブルが起こることもあるが、強い絆で結ばれているふたりは幸せな毎日を過ごしていた。そんなある日、司の過去を知る男、そして渓舟の過去を探る男が現れたことにより、平穏な生活は少しずつ狂い始めていき…。


最初から相思相愛な渓舟と司。
多少のトラブルはあるものの穏やかな生活を送っている
そんな印象を受けました。
でも「もう二度と離さない」とタイトルかついているからには
過去に何かあったのか、それともこれから何か起こるのか…
一度は離ればなれになったからこそのタイトルのはず。
なので、それなりに覚悟して読み進めました。
そして、渓舟が催眠療法を使える、しかもかなりの使い手
という時点でこれはなにかあるなと。
物語に必要なければ、こんな設定は不要なはずですからね。
でもまさかあそこまでとは思いませんでした。
自分の予想を超える展開に大満足です。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://blbox.blog14.fc2.com/tb.php/70-07c5341e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。