BLの箱

ボーイズラブ小説・漫画などの感想をぽつぽつ書き残してます。ネタバレ注意。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
心臓に甘い牙 (リンクスロマンス)心臓に甘い牙 (リンクスロマンス)
(2008/08)
バーバラ片桐

商品詳細を見る

ちぃ、北上さんイラスト大好きです。
この作品の真俊がホントに可愛い!!
もっといろんな作品でイラスト書いて欲しいです。

父親の借金が原因で、暴力団幹部・奥浦の情人となり、夜毎嬲られ続ける高校生の真俊。心までは屈しまいとするが、快楽に溺れてしまう己に恐れを抱く。信頼する担任の松原に救いを求めるも、それを察した奥浦に松原の前で犯されてしまう。更に真俊の媚態に煽られた松原も加わり、恥辱の限りを尽くされる。深い絶望で感情を失くしてしまった真俊に、奥浦は手酷い行為を悔いるように労りを見せる。非情なはずの奥浦の優しさに、やがて心を開き始めるが…。


真俊は父親の借金の取立てをやめさせようと
ヤクザの事務所に1人で乗りこんだのだが
そこで幹部の奥浦に脅され無理やり抱かれてしまう。
毎晩のように与えられる快楽に溺れていく自分に恐れを感じ
1人で抱え込むことにもまた限界を感じいていた真俊は
担任の松原につい借金のことを話してしまう。
松原の助言により弁護士に相談することを決めた真俊だったが
そのことを奥浦に知られてしまう。
真俊とともに事務所に連れてこられた松原だったが
真俊の痴態に煽られ自らもその行為に加わってしまう。
信頼していた松原の裏切りに大きなショックを受け
また決して奥浦から逃れることはできないという絶望感から
かたく心を閉ざしてしまう。

――出会わなければよかった……。

感情の一切を失くしてしまった真俊に、奥浦はひどく優しかった。
そんな奥浦に次第に心を開きはじめる真俊。
いつも1人で、他人と一線を隔てている奥浦だったが
真俊にだけは違う気がした。
自分は奥浦にとって何なのか。
もしかしたら自分だけは特別なのではないか。
そんなことを考えてしまう自分がひどく恐ろしかった。
このままでは奥浦に囚われてしまう。
身体だけではなく、心までも……

そんな時、奥浦と敵対する暴力団の若頭、谷から
自分と組んで奥浦に仕返ししないかという話を持ちかけられる。
奥浦は自分がエサになったぐらいではおびき出されるはずがない。
きっと罠に気づいて自分を見捨てるはずだ。
でも心のどこかでは見捨てないでほしいという思いがあって…
来てほしい、でも来てほしくない。
でも奥浦はきっと来る。そんな確信があった。
そんな真俊の確信の通り、奥浦は罠と知りながら助けに来てくれた。
奥浦が無事だったことに心から安堵する自分がいる。
奥浦がいなくなれば自由になれるのに。
もう自分の心を偽ることはできない。


「あんたが……好き…だ」

「おまえから告白したからには、覚悟はできてるんだろうな」

「……何の……覚悟?」

「わかってんだろ。――一生俺ものもでいる覚悟だ」

「……うん。……あんたのものになる」



スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://blbox.blog14.fc2.com/tb.php/57-a3df8637

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。