FC2ブログ

BLの箱

ボーイズラブ小説・漫画などの感想をぽつぽつ書き残してます。ネタバレ注意。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
青水無月 (ガッシュ文庫)青水無月 (ガッシュ文庫)
(2006/06/30)
水原 とほる

商品詳細を見る

歪んでる…。
うぅ、痛い…。
でも嫌いじゃないです。

「兄さんが、欲しくてたまらない」両親の離婚で離れ離れになった弟・達也と十年ぶりに再会した陸実。医療機器メーカー勤務の陸実は、父親が死に、身寄りをなくした学生の達也と同居することになった。陸実は兄弟の失った時間を取り戻そうとするが、その晩突然達也に荒々しく身体を開かれてしまう。それ以来夜ごと一方的に陸実を犯しながらも、翌朝は別人のように優しく接してくる達也。陸実は達也のその不安定さを放っておけなくなり…。


正真正銘、血の繋がった兄弟のお話です。
10年ぶりに再会した二人ですが
母親に捨てられ、父親に暴力を振るわれていた達也は
睦実を無理やり犯し、暴力を振るいます。
しかし、行為の後は豹変したように優しくなる。
DVの典型的症状です…

親友の助言で達也と距離を置いた睦実ですが
そのことに達也は激怒し、友人を呼んで睦実を輪姦させます。
睦実は達也との行為でも痛みは感じたものの
それ以外にもせつなさ愛しさやを感じていたことに気づきます。
絶対的な力でねじ伏せてくれる達也の腕の中にいた自分は
確かに幸せを感じていた。
達也を自分だけのものにしておきたい。
禁忌で背徳だとしても構わない。
いつか二人で地獄へ堕ちてしまえばいいのだから…

後半は親友高瀬のお話といったとことでしょうか。
しっかり当て馬の役割を果たしてくれました。
ずっと想い続けていた相手が、実の弟とラブラブだと知れば
なんとか目を覚まさせようとするのは当然といえば当然ですが…
しかし睦実にとってはそんな高瀬の告白よりも
達也を守ることの方が重要なのです。
達也を正しい道に導いてやることが出来なかった不甲斐なさ。
兄弟だから、身近な存在だから抱かれているのではないか。
もし達也がこの関係に飽きてしまったら
自分は達也の重荷にならないようにしなくては…
そんな不安を抱えていた睦実ですが
誰でもいいのではなく、睦実だから抱くのだという
達也の言葉を聞けば、もう迷いなどありません。
確かに歪んだ愛だとうことは否定しませんが
二人が幸せならそれでいいと思えるようなお話でした。


「兄弟だから抱いているんじゃない。けれど、兄弟だから離れられないんだ」


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://blbox.blog14.fc2.com/tb.php/54-e3b36271

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。