FC2ブログ

BLの箱

ボーイズラブ小説・漫画などの感想をぽつぽつ書き残してます。ネタバレ注意。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
シルフ 2009年 03月号 [雑誌]シルフ 2009年 03月号 [雑誌]
(2009/01/22)
不明

商品詳細を見る

第94話『今日は、授業参観日!』

ヒロC「自らどんどん地雷に飛び込んでいく感じがするんだけど大丈夫?」

オノD「ちょうどねぇ、目線がパッチリ合うところにいるんですよ。」

ヒロC「ええ、ニコニコしてらっしゃいますよ お二人 とも。」



( ;;´゚;3;゚):゙;`゙;`;:゙;`ぶっっ!!!


ま、まさかのママD登場と思いきや…まさかの両親登場!!


オノD「今日はですね、ウチの両親がこの番組を見学しています。」

ヒロCと諏訪さんは大爆笑。ちぃも笑いすぎて腹筋が…(イタイ
準レギュラーといっても過言ではないママDを
内Pに挨拶するためだけに連れて来たはずが
そんなおいしい状況をドS諏訪が見逃すはずもなく…

ヒロC「もう構成諏訪ニッコニコですからね。どう使ってやろうかみたいな感じで。」


■オープニング

ヒロC「挿絵でおなじみの来夢来人さんは今回はなんと執筆せず。」

オノD「だってあれ、商業誌に載せちゃまずいもん。」

ヒロC「挿絵でおなじみなのにもかかわらず来夢来人さんは今回は…」

オノD「挿絵じゃないでしょ。おなじんでないですから全然。」

ヒロC「すっかりおなじみかと思ってたんだけど僕は。」

オノD「あぁ~まぁね……で、金は?」

ヒロC「あ~そういうことか!そのへんの折り合いがつかなかった?」

オノD「ギャランティーの折り合いがつかなかった。」

ヒロC「それは小野くんとじゃなくて、別なもっとすごい先生との
    折り合いがつかなかったんじゃないの?」

オノD「全然!オマージュ、オマージュ!!」

ヒロC「来夢来人先生は残念ながら1回で打ち切りということでね!」


いつの間にか来夢来人先生は挿絵でおなじんじゃってるみたいです。
あの某氏を彷彿とさせるタッチがあだとなり今回は残念ながら執筆せず(えっ?
次回は某氏の許可がおりることを願ってます(笑


■オノD1stアルバム

ヒロC「4曲新曲入れちゃう?僕は何曲やればいいの?」

オノD「いまもう2曲撮り終わりまして、あと2曲をこれから…」

ヒロC「じゃあ、2曲やればいい?」

オノD「へっ?なんでそんな乗り気なんすか?ヤだっていってたじゃないですか!」

ヒロC「ヤなんていってたことないよ!」

オノD「やりたいんですか?」

ヒロC「やりたいか、やりたくないかつったら、やりたくないよ。
    そんなものまっぴら御免だよ!! 」


ヒロCへの作曲オファーを忘れていたオノD。
乗り気な雰囲気を匂わせておいて直後にドーンと突き落とす。
さすがはヒロC、オノDの扱い方を心得ています。
久しぶりにヒロCのツンデレっぷりを堪能(ry

ヒロC「ひねもす?次のアルバムのタイトルですか?」

オノD「タイトル決めてくださいよ、じゃあ。」

ヒロC「おっ、いいの!?じゃがビー?かるじゃが?」

オノD「タイアップつくかなぁ…」(そこ?

ヒロC「これいいんじゃないかなぁ、『土佐日記』!」

オノD「それウチの親が持ってきたおみやげだよぉ~」


周りにある物の名前を片っ端から言っていくヒロC。
それはオノDお得意の(ry

ちなみに土佐銘菓『土佐日記』は
こしあんを求肥もちで包みそぼろをまぶした和菓子みたいです。


■鳩自作すごろく

ヒロC「実家に電話して自分の良いところを3つ教えてもらうっていうのは
    小野くんとっては、もう今実家に電話かけても誰もいませんから。」

オノD「もぬけの殻ですから。だってここにいるし!


結構厳しい内容なので、若干のアレンジを加えることに…

ヒロC「まず、実家に電話してっていうのはちょっと難しいので
    いまそこにいるご両親に聞くに変えます。」

オノD「ちょっと待って。俺に特化してない?神谷さんは?」

ヒロC「ママDに聞くよ。」

オノD「自分の良いところを?神谷さんの良いところを俺の母親に??」
    「おもしろい!!」

ヒロC「爆笑必至の面白い話はねぇ。まぁ、失笑ぐらいでもいいですよ。」


ということで、アレンジ後のすごろくの目は

○スタート
①1コ進む
実家に電話して いまそこにいる両親に自分の良いところを3つ教えてもらう(ガチで) 
③3コ進む
④今日の写真のうち1枚はとっておきの白目で写る
⑤ふりだしにもどる
爆笑失笑必至の面白い話をいったれ(ウケルまで)
○ゴール

ママDから見たヒロCの良いところ
1.ドS
2.優しそうなところ
3.ない

テンパリ気味のママDには2つが限界だったみたいです。
そしてオノDもまさかの…

オノD「いってきま~す。」

ヒロC「小野くんが自ら聞きに行った。俺の良いところどこって。アハハハッ。
    親に…俺の良いところ3つ教えてくんないって聞きに行きました
    小野くんが。あっ!お父さんも聞いています。
    『ちょっと、ちょっとお父さんどこかしら?大輔のいいところ。』
    みたいな感じでいま肩を叩いていますけれども。
    あっ、いま小野くんがですね指を折って数えているんですけれども
    2つで止まって、あっ、3つ目もきた!
    はい、小野くんがそして扉をしめてスタジオに入ってきましたけど…」


ヒロCの流れるような実況の後ろで、諏訪さんが手を叩いて大爆笑。
その笑いにちぃまでつられて笑い転げる羽目に…

ママDから見たオノDCの良いところ
1.偉ぶらないところ
2.あまりしゃべらないところ(声優なのに…
3.ない

オノDの失笑話

オノD「あの、年末に送られてきた母親のメールに、黒執事の
    セバスチャンのフギュアをテレビの上に置いてある写真が
    添付してあって、メールの最後のしめが『御意』だった。」


ちょっ、ママD面白すぎる(〃゚艸゚)
さっきの三段オチといい、もはや素人とは思えない。
奇しくもオノDの話にしてはめずらしく失笑ならぬ大爆笑(アハ


■Dearボイス

今回は特別に先週に引き続きオノDのターン。
ドS諏訪の選んだ究極の2択からオノDが選んだのは

「で、金は?」

( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・
ママD、これが息子さんのお仕事です。
これからも、せめてママDだけは温かく見守ってあげてください

■エンディング

オノD「さて、浩史さん。近づいてきましたね、あの祭☆」

ヒロC「あぁぁ!」

オノD「日本三大祭のひとつです。」


ちぃの知らぬ間に、ヒロC生誕祭は日本三大祭の仲間入り。
楽しみしすぎるっヽ(´∀`)メ(´∀`)メ(´∀`)ノ


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://blbox.blog14.fc2.com/tb.php/27-7266dab5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。