BLの箱

ボーイズラブ小説・漫画などの感想をぽつぽつ書き残してます。ネタバレ注意。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
My Dear Girl!My Dear Girl!
(2009/06/17)
小野大輔 神谷浩史

商品詳細を見る

DGS公開録音決定!!


キタ━━☆゚・*:。.:(゚∀゚)・*:..:☆━━━!!


行きたい!

行きたいっ!!

絶対行きたいよぉー(*゚∀゚)っ゚∀゚)っ゚∀゚)っ


えっと、なになに

8月29日(土)、30日(日)のキャラホビ2009で φ(。。*)フムフム

場所は幕張メッセ φ(。。*)ホウホウ

日程、時間は未定っと φ(。。*)メモメモ

ん?ちょっと待てよ…


エッ!? ヽ(゚Д゚;)ノエェェェェ!!


土曜日は仕事だよぉ (pдq`。)グスン

どうか、どうか…日曜日でありますように(泣


スポンサーサイト
セブンデイズFRIDAY→SUNDAY (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 28)セブンデイズFRIDAY→SUNDAY (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 28)
(2009/06/01)
橘 紅緒

商品詳細を見る

約2年ぶりの新刊です。
正直、MONDAY→THURSDAYの内容完全に飛んでました。
読み初めてすぐ
「あれ?どっちが月曜日、最初に告白してきた相手と付き会う子だっけ?」
と、登場人物すら認識不可能な状態(汗
必死にあらすじ読み返して、まずは登場人物の把握から…
花廓 ~凶刃の閨~ (ラヴァーズ文庫GREED 6)花廓 ~凶刃の閨~ (ラヴァーズ文庫GREED 6)
(2009/04/25)
本庄 咲貴

商品詳細を見る

エロ重視なお話を想像してたんだけど、意外と切なくて、苦しくて…
予想外に楽しめました。
まぁ、期待を裏切らずエロが濃厚だったけど(汗
堕ちゆく者の記録 (キャラ文庫)堕ちゆく者の記録 (キャラ文庫)
(2009/01/27)
秀 香穂里

商品詳細を見る

孤独を好む人間ならば孤独に耐えられる、なんてことはありえない。
孤独を好むからといって、他者との接触を一切絶っている者などいないのだから。
独りでいることが好きだという感情は、他者との交わりとの比較によって初めて生じるもの。
生まれたときから常に孤独な中で生きてきたならば、それは当たり前のこととして捉えられ
いま己が置かれている状況が「孤独」なのだということにすら気づかないのだから。
つまり孤独は常に自らの意志によって作り出されるものでなければならない。
もし、他者の手によって強制的に孤独の淵に突き落とされた時
人は一体どんな行動をとるのか。
もう二度と離さない (講談社X文庫 ホワイトハート)もう二度と離さない (講談社X文庫 ホワイトハート)
(2006/08/02)
樹生 かなめ

商品詳細を見る

樹生さんってこんなシリアスな作品も書かれるのですね。
不条理な男を読んだあとだけに、キャップがあり過ぎる(汗
でも、予想外な展開の連続ですごく楽しめました。
読み終えて初めてタイトルに込められている想いに納得できる
そんな作品でした。
恋愛記憶証明 (リンクスロマンス)恋愛記憶証明 (リンクスロマンス)
(2009/01)
名倉 和希

商品詳細を見る

表紙とあらすじで誰が本当の恋人かわかってしまった…
別にミステリーじゃないんだし、最後まで誰かわからない
なんて展開は期待していなかったけど
読む前からわかってしまったのはちょっとショック(泣


完全にネタバレです。未読の方はご注意下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。